> >

おまとめローンと総量規制の関係



2010年6月18日に施行された法律では、おまとめローンと総量規制の関係についてどういう事になっているのでしょうか。
おまとめローンと総量規制


年収の3分の1までしか借りる事ができない

この総量規制とは、今までのようにいくらでも借り入れができるという事をやめて、借りる限度額を決めて、大きな債務を負わないようにしたものです。 では、どのくらいの金額まで借りることができるのかというと、年収の3分の1までしか借りる事ができません。 例えば、年収が300万円で100万円まで、年収が600万円ならば、200万円まで借りる事ができます。

では、この総量規制がおまとめローンにどういう影響があるのかというと、借りる先によって違ってきます。 もしも、おまとめローンを信販系でやるのであれば、年収の3分の1の金額までしかまとめる事ができません。


お金を借りる先が銀行だと

しかし、借りる先が銀行だと話は違ってきていて、総量規制に引っかからず、年収の3分の1までという事はありません。 おまとめローンをするという事は、多重債務で多くの負債を抱えている事が多いので、年収の3分の1を超えている事も少なくありません。 それなので、おまとめローンをするのであれば、信販系よりも銀行系の金融機関の方がよりお勧めです。

ところが、銀行系の金融機関は信販系よりも審査が厳しい事が多く、なかなか借りられない事もありますので注意してください。 おまとめローンと総量規制というのは、切っても切れない関係といえますので、自分の債務の総額を把握してから、借り換えを検討した方がよさそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: おまとめローン

Comments are closed.