> >

おまとめローンの保証人について



通常ローンを組む時に保証人を付ける事がありますが、おまとめローンの保証人についてはどうなのでしょうか。
おまとめローンの保証人

おまとめローンの総額によって保証人が必要になることも

おまとめローンの総額が300万円程度であれば、保証人を要しない事もあるのですが、500万円程度になってくると、保証人を付けなくてはならない場合がグッと増えています。

そういうこともあり、おまとめローンを頼む際には、そこで保証人が必要になるかという事を必ずチェックするようにしましょう。

では保証人とはどういう働きをするものなのかを見てみると、保証人と連帯保証人の2種類があります。

保証人と連帯保証人

保証人には、抗弁権というものがあり、借入者に返済をさせるという権利がありますが、連帯保証人だと、借入者が返済しなくなるとすぐさま取り立てる事ができるようになっています。

そのため、保証人よりも連帯保証人の方が重い義務が発生するといえるので、気をつけておいてください。こういう事もあり、保証人頼むのは気が引けますが、頼まれるほうはもっと困りますので、なるべく保証人不要のおまとめローンを使うようにしましょう。

もしも、自分がおまとめローンの保証人を頼まれたら、相手がよほど信頼できない限りは、受けない方が良いと思いますが、相手との関係上断る事ができないこともあるでしょうから、その場合は覚悟してください。

おまとめローンは、困った時の神頼みではないですが、金利が低くなるという事もあって、人気がありますが、保証人に関しては慎重に選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: おまとめローン

Comments are closed.