> > >

みずほ銀行のカードローンでお金を借りたU.Iさん



みずほ銀行のカードローンでお金を借りた経験があるU.Iさん(35歳)。派遣の仕事が雇い止めで切れて次がなかなか見つからなかったため、みずほ銀行のカードローンでお金を借りましたがすでに完済しています。

みずほ銀行のカードローンでお金を借りたU.Iさん




お金を借りて後悔していますか?

良くも悪くも余り感覚はありません。借金も貯金も、どちらもただのお金に過ぎません。そんな感じです。


またお金を借りますか?

身分が不安定なために仕事がなくなればまた借りるかもしれませんが、できればもう借りたくはありません。


仕事さえあれば借りることはなかった

先にも書きましたが、仕事が切れてお金に困りました。
なので、私の場合遊興費とは違いますので、仕事さえあれば借りることはなかったわけですので、すべては仕事次第なのです。

したがってお金を借りたとき思ったのは、もし普通に仕事さえあればこういうお金は絶対に借りていないな、ということでした。
これを強く思い、お金を借りること自体には特に何も感じませんでした。

ただ、お金がなければ生活できませんから、こういうときに簡単に借りられるカードローンというシステムは、有り難いなと感じました。

金利もそれほど高いわけではなかったので、急場を凌ぐのにカードローンは本当に便利でした。
しかも普段キャッシュカードを差し込んでいる銀行のATMがそのまま使え、私の場合キャッシュカードとカードローンの暗証番号まで同じでしたから、さして違和感もなくお金を引き出すことが出来ました。

逆に言えば、借りることに抵抗を感じなくさせることが銀行の思惑かもしれませんので、使いすぎには注意すべきだと感じました。


困る前に借りざるを得ないときを想定しておく

私の場合カードローンはこちらから申し込んだわけではなく、銀行の方から作らないかとしつこく勧誘してきたので作っておいたもので、いうなれば私が保持していたカードローンの枠はさしてお金に困っていなかったときの産物です。

これがもしもお金に困ってからカードローンを組もうとしたら、条件が違っていた(端的には融資枠と金利が異なっていたと思います)でしょうから、普段の余裕のあるときにピンチのときを想定してカードローンなどを組んでおくといいかもしれないと思います。

いわゆる足元を見られないで済むような工夫はした方がいいと思います。焦って追い詰められてからではどうしても貸す側の思う壺です。それだと条件の悪いお金を借りることになり、返済が大変になりますから、お金を借りるときはそうならないようにした方がいいですね。

繰り返しになりますが、それにはさほどお金に困っていないときに手を打つしかないと思います。
困る前に借りざるを得ないときを想定しておくこと、これに尽きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.