> > >

車検費用、修理代でセディナにお金を借りた



自動車の車検費用、修理代が必要だったので、セディナにお金を借りましたS.Fさん(46歳女性)。完済していますがお金を借りたことに関しては後悔しています。お金を借りることに慣れてしまって、借りるのが習慣になってしまったから。
セディナにお金を借りた経験があるS.Fさん(46歳女性)


お金を借りてまで車は必要か?

地方に住んでいて、遠距離での通勤でしたので車はお金がかかるけれども必要経費だと思っていました。
今でも地方ではほとんどの人がその意識で生活していると思います。

しかし、私は借金をしてまで車を維持する必要はないと今は思っています。
車を維持していくにあたって、予想外のメンテナンスにかかる出費が多いので驚きました。

たぶん、車を足代わりに生活するという固定概念がなければ、生活スタイルも大きく変わっていたと思います。
今は移動は自転車で行っていますので、車に頭を悩ませることもなく、渋滞している場所では自転車のほうが便利な場合もあります。

車にある意味依存していたので、車を使わなければいけない生活になっていって維持費もかなりかかり、結局お金を借りてまで維持していかなければならないという悪循環に陥ってしまったのだと思います。

この経験を踏まえて、余計なものは持たない、今持っているものも本当に必要なのか、新しく購入しようと思っているものも本当に必要なものなのか、などよく考えて生活していきたいです。


これからお金を借りようと思っている方へ

お金を借りることは、働いてお金を貯めて何かをするよりもはっきりいって簡単で楽です、その時は。
しかしあとで大きなツケがまわってきます。

現金で先払いはプラスアルファで何かしらの恩恵が付いてきますが、後払いというのは利息という損をするものが付いてきます。
お金の使い方も大きく捉えてみれば、その場しのぎよりもあとあと得をする方を選択するべきではないかと思います。

それに、一回借金をしてしまうと、慣れてしまい、借金体質から抜けられないというある意味地獄のような状況に陥ることもあります。
長期的にみても利子を払い続けることはとても時間もお金も無駄なことだと思います。

解決方法はまず自分の意識を変え、生活の見直しをしたほうがよいと思います。
話を聞いてみると、意外と生活スタイルの乱れから考え方が甘くなり、借金に陥る人が少なくないからです。

借金で悩んでいる人は早めに公的機関などに相談して、早期完済をする方向に持っていくことをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.