> > >

妹にお金を借りていた過去



就職したての頃、しばしば妹にお金を借りていました。詳しく覚えていませんが、頑張って貯金をしようとして、日々のお金が足りなくなったんだと思います。
妹にお金を借りていた過去

お金を借りたらなるべく早く返すのが礼儀

お金を借りたら、いつもなるべく早く返すように心がけていました。妹はいつも快くお金を貸してくれましたが、お金を借りたらなるべく早く返すのが礼儀だと思います。

うちの母は昔から、『友達でも身内でも、お金の貸し借りはよくない』と言っています。私もその教えをなるべく守ってきましたが、妹ならまあいいか、と思ってちょくちょくその時は借りていました。


一回に借りていた額は1万円とか2万円

一回に借りていた額は、1万円とか2万円でした。ほとんどがお給料日までの間に合わせのお金だったので、それくらいで足りたのだと思います。

お給料が出たら妹に返しに行きました。その頃は実家に一緒に住んでいたので、妹の部屋に行き『ありがとう』と言って返していました。


お菓子や物で利子を

私が気をつけていたのは、いくら少額で相手が妹だとしても、利子をつけて返すことでした。それも現金による利子ではなく、お菓子や物で利子を付けていました。

利子は毎回違うものにしました。その方が楽しいし、もらうほうも気楽だと思ったからです。その利子のおかげで助かったことがありました。

ある時妹が、『お姉ちゃん、この間のお金まだ返してもらってないよ』と言いました。私はもう返したと思っていましたが、何回も借りていたので記憶がこんがらがっていました。

それでよく思い出してみると、キャンディーを利子にして返したことを思い出しました。それで、『ほら、飴と一緒に返したやん』と言うと『ああそうやった』と、思いだしてくれました。


それ以、来妹にお金を借りることもなくなりました

私は、利子をつけといてよかった、と、ホッとしました。妹と、お金のことでトラブルになんてなりたくないですからね。

でもそれ以来、私もお金の管理に気をつけて、妹にお金を借りることもなくなりました。
今ではいい思い出ですが、やっぱりお金の貸し借りはしないに越したことはありません。でも本当に困っている時には、助け合えたらと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.