> > >

社会人になりたての頃、親に50万円を借りました(35歳女性)



友人たちの結婚式や、出産、自分の引越しなどが重なり、出費が増えてしまったので親に50万円を借りた経験があるO.Kさん(35歳女性)。借金はすべて完済しています。お金を良かったです。最初は、しかられましたが、消費者金融や、友人からだと後からごたごたしてしまうことがあるからです。

親に50万円を借りた経験があるO.Kさん(35歳女性)


消費者金融などで借りなかったのでよかった

社会人になったばかりで、お給料も少なく、やりくりがとても大変でした。
借りるという事自体を、最初は軽く考えていました。

親に相談した時には、なぜお金が必要なのか、どうして貯金がないのかなどいろいろと聞かれ、最初はけんかになってしまっていました。

しかし、親がいろいろ聞いてくることも、時間がたってくると、当然のことで、社会人になったのに、まだ本当の意味では自立できていないということが身にしみてわかるようになってきました。

当初は、しかるような口調だった親も、次第にほかの人に借りたいといわなくて良かったことや、消費者金融などで借りなかったので、よかったと思うようになったみたいです。

返済の方法などもいろいろと相談しながら、ようやくお金を貸してもらいました。親からもらった50万円は、とても重みがあり、自分自身、お金について軽く考えていたのだなと深く反省をしました。

それからは、やりくりをしながら、少しずつ貯金をするようになりました。


キャッシングは最終手段

お金を借りること自体は、人によっていろいろな理由があります。

仕方のない出費の場合などは、信頼のおける人にお金について相談しても良いと思います。
キャッシングなどという方法もありますが、最終手段として考えたほうがいいです。

なぜなら、とても金利が高く設定してあるからです。
お金を借りるという時の状況は、出費が重なり、生活費などが主に回せなくなってしまった場合に、人にお願いすることが多いです。

なので、お金のない人が、借りた金額よりもさらに上乗せした金額を支払うというのは、とても困難なことになります。
なので、できれば、利息などがない状態で借りることができればよいのです。

しかし、お金を借りる時は、親などの場合には、甘えもあり、なぜすぐに貸してくれないのだろうと、腹が立つときがあります。
しかし、貸すほうの親の立場にしてみれば、私の今後が心配になるのです。だからこそ、苦言を言われるのも仕方のないことなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.