> > >

起業するため国民生活金融公庫にお金を借りたH.Kさん体験談



脱サラして、起業するため国民生活金融公庫にお金を借りたH.Kさん(51歳男性)の体験談。お金を借りて良かったともっています。当時、すでに会社を退職しており起業すると決めてました。しかし、資金が不足しお金を借りなければ、起業できませんでした。お金を貸して頂いた結果、起業できましたので、感謝しています。

起業するため国民生活金融公庫にお金を借りたH.Kさん体験談


毎月毎月、業績に関係なく返済しなければならない

お金を借りれたときは、うれしかったです。
当時、起業するために退職していました。

ですので、お金が借りれなければ、起業もできす仕事がない状態になる所でした。
お金が借りれると決まった時は、起業が出来る、仕事ができると喜びました。

希望に満ち溢れていたと思います。
起業ができ仕事をすることが出来ましたので、感謝しています。

しかし、お金を借りるという事は、利息を付けて返さなければいけないという事です。
毎月毎月、業績に関係なく返済しなければいけません。

このことを、忘れがちになってしまいます。業績が悪いので、今月は返済を待ってくれというわけにもいかないです。
必ず次の月の業績が回復するのか?と聞かれれても、答えることはできません。

ある程度業績が落ちても、返済できるか、という所まで考えてお金を借りているのかは疑問です。

お金を借りるという行為は、借りれた時は非常に喜ばしいものですが、返済の事を十二分に考えてから、結論を出すべきでょう。
もし、考えた結果、借りなくても何とかなるようであれば、借りない方がよいものだと思います。


借りた金額以上に返さなければならない

お金を借りる前に、本当に借りなければいけないお金なのか、再検討して下さい。
借金は、しない方がいいです。お金を借りれば、借りた金額以上に返さなければいけません。

利息が付くのです。
その分、言ってみれば損をするわけです。損をしてまで借りないといけないのか。よくよく考えて下さい。

よく考えた結果、どうしても借りないといけないとなれば、返済の計画をしっかりと立ててから、お金を借りましょう。
返済の計画は、厳しく見積もるようにします。

厳しく見積もって、余裕が出来れば、それは利益となります。
しかし、返済計画を甘く見積もると返済が滞る可能性が出てきてしまいます。

借りたお金は、必ず返さなければいけません。
それは、間違いないです。

返済計画が甘く、収入が見積もりよりも少なくなってしまうと、もう赤字です。
どこから返済するお金を持ってこようかと考えることになります。

そのしわ寄せは、どんどん大きくなっていき無理しないと返済できないような事態になります。
返済の事をよくよく考えて、余裕をもって返済できる金額だけ借りるようにしましょう。

借りすぎや、借金のための借金は、必ず破綻します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.