> > >

2か月ほど未収入になってので親にお金を借りました



家族が入院して2か月ほど未収入になってので、親にお金を借りたF.Yさん(40歳女性)。何度か返そうとしたら、落ち着いてからでいいからといわれ、まだ完済していません。借りてよかったですけれど、返さなくていけないので心苦しいです。何か大きいものを買うときも引け目をかんじます。

2か月ほど未収入になってので親にお金を借りました


早く返済し、買い物は現金でするように頑張っています

間に合わないと思って必死になってかき集める感じが自分を追い詰めるので、日頃からの備えを確認しておく必要があるとおもいました。
保険や貯蓄で充填できるのならそちらがいいので、遊ぶより貯蓄をしておかなくてはいけないと思いました。

人生は一度きりなので早く返済し、買い物は現金でするように、頑張っています。

質素だと思うか、倹約だと思うか当たり前だと思うか貯蓄がたまると、毎日安定した気持ちでいることができるので必要なときに必要なものが買えますし、お金は必要なときまで保管しておいて必要なときに出せるようにしておきたいです。

毎月、必要なものに使う額を、増やさないようにして、たまったら家族で旅行に行こうとか、あれを買おうとか、ご褒美を他人と共有することで、気をつけてお金を使うようになりました。

ボーナスも少ないしこれからの日本は自分の貯蓄がないと大変そうなのでがんばっていきたいです。

といっても、みんな携帯電話に毎月1万円は使える国なので、なんだかぴんとこないですけれど、できることを節約したら一月でもけっこう違うので節約したら、利子と比べてみて、あんなに節約したのに利子で消えているなどと気をつけて意識を改革するようにしています。


これからお金を借りたいと思っている方へ

ひとつひとつ自分の借金の明細を書いてみます。お金を借りている先、支払額、利子を書き、自分が払っている利子を知ることです。
50000円払っているのに利子が30000円だと、借金は減りません。

だから、返済額を変更できるなら利子の高いものから多く払います。

ボーナスがないならボーナスがある職業に変えることも手です。
あとは、友人が派手な方なら疎遠になることです。

お金を計画的に使えないときは、心が寂しいときが多くて、派手な友人と派手に過ごすことで紛らわせなくても、余暇を有意義につかうことで心が落ち着けばお金の使い方も変わると気がつくはずです。
もし、余裕があればパソコンで副業や今まで購入しているものをオークションで打って、利率の高いところの返済をします。

最近は、家族、友人に相談できなくてもネットで法律事務所にも相談できますので、一度相談してみて利子を変えてもらうこともできるかもしれませんし、お金も戻ってくるかもしれません。

泥沼にはまっているのは自分が泥沼に入り込んでいるからなので、まずは、返済して少しの貯金をしてみるといいと思います。
少し余裕ができたと思って使いすぎないようにふたつの口座に分けて貯金をするといいと思います。
自分の可能性をあきらめずにがんばりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.