> > >

「小銭貯金」「1ヵ月を40日として考える方法」



「小銭貯金」「1ヵ月を40日として考える方法」
お金を貯めるコツはいくつかの方法を同時にやることで必ず貯まるはずです。使わないことが一番貯まるのですが、そうもいかないのでオーソドックスですが、使ったつもり、初めから無かったものとして生活をしていけば自然と貯金体質になるはずです。

まず、貯めやすいのは、小銭貯金です。

小銭貯金

よく500円玉貯金を聞きますが、私は、なかなか500円玉だけを貯める事が出来なかったので、すべての小銭を貯金する方法で貯めました。

何か物を買うときには、全てお札で買います。

自販機で飲み物を買う時、コンビニでの買い物、デパートでの夕飯の買い物・・・全てにお札を使い、全ての小銭を家に帰ったら貯金箱に入れるのです。

3回の買い物で3000円支払ったのですが、つり銭は半分くらい戻ってくるはずです。
これを1ヵ月続けると小銭は相当貯まっていきます。

これを全て銀行口座に入れます。
とにかく、お札で全ての支払いをして、小銭は無かったものとして貯める方法です。

1ヵ月を40日として考える方法

もう一つは、これもオーソドックスですが、1ヵ月を40日として考える方法です。

まずお給料が入ったら、今までの1ヵ月分(30日)の食費で40日を過ごすという方法です。

初めはきついと思いますが、これが実践できれば非常に有効な作戦なんです。

1ヵ月が9日増えたということは、年間で100日分の食費が減らせるということです。
約3~4ヶ月分の食費がまるまる貯まる事になります。

私が始めに実践したのは、1ヵ月を35日で過ごす事から始めました。

とっかかりは何日でも良いと思いますが、これでも年間1ヵ月分くらい貯まるので、始めはこれくらいで慣れてからだんだん日数を増やしていくのが良いと思います。

どちらの方法も使ったつもり・無かったものとして過ごすという方法です。

これを実践していくメリットはもう一つあって、続けていく事によって最終的には貯金体質になっていく事です。

小銭を銀行に預けに行く時、1ヵ月を40日で過ごした時の達成感など、貯金をしていく事の楽しさを覚えると病みつきになります。

いろいろな方法をためして、自分が楽しく貯めていける方法を探すのも楽しいですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.