> > >

お金を貯めることを楽しみましょう!



お金を貯めることを楽しみましょう!
誰しもお金は貯めたいもの。
でも同時に、使いたいものでもあります。
そんなお金たちを貯めるには、いくつかのポイントがあります。


定期預金にする

これは、お金があればあるだけ使ってしまう人には最適の方法だと思います。
自分の意思とは無関係に、勝手に、そして強制的に、お金は貯まります。

先に預金するお金を抜いて、余ったお金の範囲で生活するくせをつければ、必然的にお金は貯まっていくと思います。


具体的な目標を決める

漠然と貯金を増やしたいなぁと思っていても、なかなか貯められないものです。
だから、具体的に「いつまでに」「いくら貯める」かを決めましょう。

そうすればそこから逆算して、月にいくら貯金すれば目標達成できるのか、そのためには一月いくらで過ごせばいいのかが見えてきます。


細々した無駄を無くす

一月いくらで過ごすか決めたら、なるべく無駄な出費を無くしていきましょう。
例えば、コンビニや自販機の利用を減らすだけでもけっこう節約になるものです。

水筒を持ち歩くくせをつけたり、少し時間をかけてでもコンビニや自販機ではなく安いスーパーに出向いて買い物をするだけでも違います。

定価で買うのはもったいない!という感覚を自分のなかに定着させていきましょう。

コンビニで手軽に買ってしまうおにぎりなども、家で作ったらいくらになるか考えてみたら、たかがおにぎりひとつに百何十円も払うのがいかにバカげたことかわかると思います。


使うときは使う!

かと言って貯金するために節約してばかりいると、毎日が楽しくなくなり、一体なんのために働いているのか、何のために貯金しているのかわからなくなってしまいます。

我慢ばかりでなく、使うと決めた場面では気持ちよくお金を使いましょう!

だらだらと無駄にお金を使うのではなく、使う時は使う、無駄なところには使わない、というメリハリをつけることが、節約生活を長続きさせるコツです。


記帳して眺める

これは馬鹿げているようで、すごく大切なことだと思います。
だんだん増えていく通帳の中の数字を眺めていると、気分が悪くなる人はいないでしょう。

お金が増える嬉しさを知り、貯金をがんばっている自分て偉いなぁ!と自分を褒め、お金を貯めるって楽しいなぁと感じましょう。

お金を貯める楽しさを知ったら、自然とお金は貯まっていくと思いますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.