> > >

今の生活にかかるお金をきっちり把握することが大事【主婦目線】



お金を貯めるコツ、一番大事なことは『毎月の出費を把握し、出費を減らすこと』だと思います。
今の生活にかかるお金をきっちり把握することが大事【主婦目線】
家計の中で一番節約しやすいのは、『食にかかる費用』だと私は思っています。
主婦の方なら、

まずは食費や嗜好品(デザート、お菓子やお酒など)外食費にどれくらいお金がかかっているか確認してみて下さい。

家計簿は、家計を見直す時にすごく便利なアイテムです。

私は、会社の経理などでよく使う帳簿の『現金出納帳』に家計簿をつけています。

記入するのが苦手な方は、レシートをノートに貼り付けておくだけでも、後々見直すことが出来ると思います。

『記録し、必要に応じて見直すことが出来る』ようにしておくことが大事です。


家計簿のススメ

スーパーで買ったレシートを記入する場合、『食費』『嗜好品費』『雑費(洗剤やトイレットペーパーなど食費と分ける)』といったふうに詳しく細分化して記入するのがオススメ。

そうすることで、ひと月にかかる家計の出費額をきっちり把握することができ、『何が無駄であったか』『今月はこの費用を抑えることが出来た』等、目で見て理解出来るので、節約の意識がより高まります。

『何に使ったか分からないけど今月お金が無い』といった状況が一番お金が貯まりません。

外食した金額も、きっちり記入して見直してみると…ビックリするような金額を浪費しているかもしれません。

専業主婦でないと難しいかと思いますが、少し遠くても安くて良い食材が手に入るスーパーへ行くのも大事。

スーパーによって、玉ねぎの値段も、19円から58円、となかなか開きがあります。

お肉の値段も、同じ国産の豚肉でも、グラム99円から189円と、一ヶ月の食費で考えれば馬鹿に出来ない金額になります。

また、こまめに買い物に出掛けてしまうと余計なものを購入してしまいがち。

食材の消費期限を考え、なるべく買いだめしスーパーへ近寄らないことで、食材を無駄なく使い切ることが出来ます。

『食べる量を減らす』、という節約法ではなく、『安くて量の多い物を選んで購入し、おいしく調理する』それが食費を節約する上で大事なことだと思います。


ご褒美のススメ

家族の協力がないとなかなか家計の節約は出来ません。
電気代や水道代、食費の節約は家族にも負担となる事もあるかと思います。

なので私は、たくさん節約が出来た時、ご褒美にスイーツを買ったりして、家族に節約の報告をしています。

「協力してもらったおかげでお金がこんなに浮いた。」と、スイーツを出しながら伝えています。

また家族も協力しようという気持ちになってもらえて、ウインウインだと思います。

まだまだ色々ありますが、一番の基本は出費を把握すること、それに尽きると思います。
主婦の方、一緒に頑張りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.