> > >

現金を可視化、細分化して節約



現金を可視化、細分化して節約
お金を貯めるって、できる人は簡単にできるのでしょうが、わたしのようにできない人には本当に難しいことですよね…。

特に贅沢をしているつもりはなくても、気づくと毎月給料日前が苦しくて苦しくて…。

貯金なんてとてもじゃないけどできない、という生活をしている人も多いと思います。

かといって本業で手一杯なのに副業で収入を増やすわけにもいかないし(そもそも副業禁止の企業も多いですよね)、とお悩みの方に、普段のちょっとした工夫で節約する方法を考えてみました。

給料日に必要額を一気におろしてしまう

まずわたしが実行したのは、毎月これだけしか使わない!と決めた額を給料日にいきなりドン!と下ろしてくることです。

それを食費、光熱費、被服費、医療費、雑費などに分けてそれぞれ封筒にしまいます。

さらに、食費なら週に使える額がここで決まってしまうので、その金額ごとにしおりを入れました。

第一週、第二週…といった付箋を挟み込んだんです。

こうすることで、今月はあといくら使えるのかという具体的な金額がはっきりと見て取れるかたちに可視化できます。

これが細かい金額になるために付箋が入れられないという人は、全ての金額を千円札で下ろしてくることをオススメします。

例えばATMで一万円を下ろす時には、「10千円」と入力してやると千円札10枚で出てくるので、この方法を使えば全額千円札で下ろすことができます。

多少かさばりますが、お買い物に行く時には千円札一枚だけ持っていく、と決めれば無駄遣いの防止にもなります。

自宅にある程度の額の現金を持っておけば、変なところでカードを切ってあとで支払いに困る、なんてことも減らせます。

この方法で一番難しいのは、最初に下ろしてくる額を決めることです。

毎月何にいくらかかっているか、正確に把握するには家計簿をつけるのが一番。

エクセルのマクロがインターネット上で無料配布されていたりするので、活用するのがいいと思います。

はじめのふた月くらいは一円単位で記録してみてください。
三ヶ月目からはだいたいその金額の中で生活できることと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.