> > >

ギャンブルはお金を借りてまでするものではない



それはパチンコ依存症になっているのでキャッシングもしないでパチンコをやめたほうが良いです。
ギャンブルはお金を借りてまでするものではない
ギャンブルはお金を借りてまでするものではありません。

パチンコなどのギャンブル全体に言えることなのですが、胴元が儲かる仕組みになっています。

なぜならば胴元が儲かっていなければ潰れてしなうからです。

胴元に利益があって、私たちがパチンコにつぎ込んだお金の利益を引いた一部を分け与えているという形になっているので、パチンコに参加しているというだけである意味赤字状態なのです。

ギャンブルで勝つという人はかなり少ないです。

パチンコをするには技術が必要になっていて勝つのには大変な努力と知恵が必要になっています。

儲けるのにも多くの時間が掛かってしまうので、ギャンブルはやめたほうが良いです。

ギャンブルはプラスの状態で楽しむもので、借金をしてマイナスの状態でお金をつぎ込むのは問題です。

キャッシングをした場合には後で返さなくてはならず、借りている間も利息があるので、その分余計に払わなければならないのです。

金利が高いので借金が膨らんでしまう

キャッシングで借りた場合は金利が高いので借金が膨らんでしまいます。

ギャンブル依存症の人は手元にお金が無くなったとしても、人からお金を借りてギャンブルをするのです。

ギャンブルで勝ったとしても儲かったお金をつぎ込んでしまうので、最終的にはお金が無くなってしまうケースが多いのが実情です。

パチンコでお金が無くなったことは残念ですが、これを授業料としてあきらめたほうがいいです。

借りた後のことを考える

キャッシングをし、ギャンブルして負けた場合にはどうやって返せばいいのでしょうか。
借りた後のことを考えるとかなりリスクが高いです。

もうすでにお金が無くなっているといことなのですからお金をつぎ込んでも儲かるという保証はどこにもありません。

もしパチンコをやりたいというのであれば自分で稼いだ金で余裕があって無くなってもいいというお金を使う分には問題はないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.