> > >

「どうしても」欲しいならキャッシングして買ってください



どうしてもそのバッグが欲しくてたまらないのであればキャッシングしてでも買った方が良いと思います。

ただし、「どうしても」の場合です。
「どうしても」欲しいならキャッシングして買ってください
基本衝動的な物欲は熱が冷めやすく、この場合我慢してお金を貯めて買おう、と思っても興味が他へ行ったり、その商品自体に興味が無くなったりするのが人というものです。

我慢して、貯めてそれまで欲しい欲求が持続するのも大変な労力である、と考えます。

衝動的でも、自分の本当の欲求が満たされるのであれば買ってしまう事です。

買った後のことを考えていてもいなくとも負債はついてきます。

その負債をしっかり返済できるのであれば衝動的な欲求に身を任せても良いと思います。
自分のしたいように行動し、その行動に対し十字架を背負い、苦労する。

そのスパイラルが人の人生だと思います。

自分の欲求を制限してもそこから何も生まれないと思いますし、安易な方法に走る、それによって苦労する、その経験が人を強くすると思います。

私は物欲自体はあまりありませんが、どうしても欲しいのであれば買うとおもいます。

他人の手に渡るのであれば、買って手に入れて自分のものにすることが先決だと思います。

その後の事は手に入れてから考えればよいと思います。

莫大な金額以外なら自分の意志を強くすれば返済可能だと思います。

我慢するために生きるのではなく、満たすために生きるべきである、と考えます。

衝動的でも自分が本当に欲しい、と思えるものに出会えることは素敵な事だと思います。
それを身に着けることでポジティブに暮らせると思います。そしたら、その人に自信ができ、魅力的になると思います。

ですから、自分をプラスにしてくれる物欲に関してはリスクも含め受け入れたらよいと思います。

キャッシングのイメージは悪いイメージがありますが、要はその本人のキャッシングの使い方だと思います。

将来的に返済できるのであれば思い切って買えばいいと思います。

自分の払える範囲でしろ、という人がいるかもしれませんが、家・車など高額商品もローンを組むので同じことだと思います。

自分の幅を広くするためのキャッシングはプラスだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.