> > >

条件次第では思い切ってキャッシングしても良いと思う



お金がないのにキャッシングで欲しいという理由だけでお金を借りようとしているのなら止めておいたほうが賢明です。
条件次第では思い切ってキャッシングしても良いと思う
ただし、条件次第では思い切ってキャッシングを利用してあなたが欲しい10万円のバッグを手に入れるということは何も非難されることではありません。

ではその条件とはどういったものかを説明しますので、条件に合えばキャッシングを利用してバッグを購入するのもいいと思います。


そのキャッシングしてもOKな条件とは?

条件というのはまず、返済できる見込みが十分にあるということ、そしてほしいバッグが一目ぼれや思い付きのものでなくずっと探していたものか、もしくは一目ぼれでもそれに相当する一生に一度合えるチャンスがあるわからないほど稀なものかどうかの2点です。

この機会を逃せばほぼチャンスがやってこないという状態である条件はお金に換えることができないかけがえのないものという考え方です。

これらの条件が揃わなければバッグを買うためにキャッシングを利用することはお勧めできません。

返済できる見込みがないのにバッグを購入してしまうと結局、返済が滞り、バッグを手放すことになります。

それだけで済めばいいですが、利子なども嵩み余計なお金を支払うことになりかねません。

そのほしいバッグを購入する機会がまたあればそれも次の機会にするということもできます。

今すぐ欲しいという気持ちもわかりますが、返済ができないと結局バッグはまた離れていきます。

そうならないようにするためには、もっと経済的に余裕を持ち、返済ができる状態まで待ち、そのときに購入すれば確実にバッグはあなたの手に入ることになります。

返済できる見込みというのは次の給料がはいったりボーナスがほぼ100%見込めてそのお金で翌月にはほぼ返せそうというぐらいの見込みです。

2ヶ月先の給料は見込んではいけません。

それらはまだ労働を実際にしていないからです。

1ヶ月先ならすでに労働は済み、給料が振り込まれる状態です。

ボーナスも半年なり1年なりの評価がすでに決まり、来月に振り込まれるだけの状態なのであなたが明日から事故や病気などの理由でたとえ仕事ができなくなっても確実に支払われるお金だからです。

これらの意見を参考にキャッシングを利用してバッグを買うかどうか判断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.