> > >

無理のない返済が可能かどうか?



キャッシングを利用して欲しいものを購入しようとする場合、ついつい欲しいものに目がいきがちになってしまいますが、ここは一呼吸をおいて、ご自身の生活について、見直してみることをおススメします。
無理のない返済が可能かどうか?

返済のシュミレーション

ここでは、キャッシングをしてはダメだと言っているわけではありません。

給料日やボーナスの日、クレジットカードの決済日などを頭に思い描き、無理のない返済が可能かどうか、冷静にご自身を振り返るという作業を、あなたに勧めたいと思います。
もう少し具体的に言いますと、キャッシングをして、それを月々支払っていって、完済へと至る流れをシュミレーションして見ると良いでしょう。

その中で、無理のない返済ができるか見直してみて、実際に無理なく返済できるとなったら、キャッシングしてみるというやり方が良いのではないでしょうか。

キャッシングで失敗している人を見ていると、キャッシング当初の時点で、あまりにご自身の生活レベルを超えた無理をしてしまい、ついには借金を返すために、また新たな借金をしてしまうという泥沼に陥ってしまっている方が多いように思われます。

返済が滞った時のペナルティ

借りたお金は返すというのは、子どもでも知っている至極シンプルなルールですが、仮にこのルールを破ってしまった場合のペナルティの大きさが、それほど世間で周知されていない点が大変気がかりです。

例えば、このペナルティの一環として、指定の銀行口座を開設できなくなったとしましょう。

そんなときに、良い転職の機会があり、転職先で、給与の支払い口座に、この金融機関が指定されていた場合、銀行口座が開設できないとなると、その金融機関で、何らかのお金にまつわる失敗があったということが露呈してしまいます。

つまりは、転職先を失ってしまう可能性が高くなってしまうわけで、これは、取りも直さず、人間の信用問題ということに直結していることを十分認識するべきでしょう。

こういったことにも十分想像力を働かせつつ、無理のない返済ができることを冷静に確認した上で、キャッシングをするという心的態度が大切だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.