> > >

計画性に乏しい人のキャッシングは悪循環



まずはキャッシングはお勧めできないですね。
計画性に乏しい人のキャッシングは悪循環
収入が少なくても、計画性のある人は支出を押さえるので、所持金500円までになってしまう人は計画性に乏しいと考えられ、そんな人がキャッシングなんかにはまったら悪循環ですから。

むしろ、この機会に必死に切り詰めた生活をして計画性を身につけたほうが今後のためです。

ところで、設定はフリーターなわけですね。
ホームレスではない、と。

まあ、ですから、衣食住のうち衣と住はなんとかなってる人だと想定します。
生活必需品も一応持ってる、と。とすると、まあ差し当たって切迫するのは食ですね。

本でもCDでもこの機会に売る

500円ではいくらなんでも心細いですから、本でもCDでもこの機会に売って小銭を増やせたらいいと思います。1000円くらいまで増やせたらいいんですけどね。

さて、精一杯お金を増やしたら、次に買い物です。

買い物をする

まず、小麦粉一キロ。都心でさえ、200円もあれば買えます。

次に、見切り品の野菜を残りの所持金分だけ買います。

一束50円や100円でいろいろありますから、300円持ってたら3~6種類買えますね。
結構いい感じです。

調理する

それらの野菜を、おうちに買って帰って食べやすい大きさに切って塩をふって、できるだけ大きなお鍋で炒めるなり蒸すなり適当に調理します。

それを10等分して、すぐ食べない9日分は小分けにして冷凍します。

これがおかず。

料理の才覚がある人はコンビネーションを変えて3種類くらい別の組み合わせや味付けにすると飽きません。

小麦粉は主食。
水で薄く練って焼きます。

上手に焼けたらトルティーヤみたいになりますよ。

で、なんとか栄養もそれなりにバランスよく取りながら飢えをしのぐことができます。

ダイエットにもなって一石二鳥。

無論これは家に調理器具と基本の調味料がもともとある人を前提に書きました。

これらを買いにいかないといけない生活スタイルの人はどうすればいいか?
家に、売る本もなにもないから500円以上には絶対ならない?

うーん、だったらキャッシングしかないですかね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.