> >

お金は使うもの。使われてはいけない



「どうしても今すぐ、お金が手元に要る。今すぐないと困る」という場面は、人生に何度かは訪れる筈。
お金は使うもの。使われてはいけない
そんな時に、上手に活用すれば、キャッシングは一時しのぎのお金として非常に重宝します。どうにもならない懐事情の大ピンチは、誰にでも起こりえることです。

ただし、一度借り入れてしまったら。お金に振り回される人生に陥らないように気をつけなくてはなりません。

借入の一番危険なところ

お金とは、人間がうまく活用して、豊かな生活を送る為にあるもの。

なのに、どこでどう間違えるのか、お金に使われる人生にいつの間にかすり替わることがあります。これが借入の一番危険なところです。

借入金を返すために、毎日あくせく働き、せっかく得た月々の収入は手元に残ることなく、返済にすべて流れてゆく。

そんな生活を続けていると、精神的に参ってしまいます。

そんな人を、周囲で何人も見かけます。

そして、「自分は何のために働いているのだろう、返済のためだけに毎日こんな苦労を重ねていかなくてはならないのか…」と考え始め、精神にゆとりが無くなっていきます。

不思議なもので、お金の回り方がおかしくなってくると、人間関係までもがこじれてくるもので、家族関係や友人関係、職場の人間関係までギスギスしたものに変わってゆくのです。

『働いて収入を得る=豊かな生活になる』という当然の図式が、通用しなくなる。この悪循環は、いつかどこかで断ち切らねばなりません。お金は、人間が活用してこそ価値のあるものです。お金に使われる人生を送る羽目にならないよう、借入の際は充分な計画性が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: キャッシング

Comments are closed.