> > >

知り合いのいない町の無人契約機からアコムで5万円キャッシング



知り合いのいない町での無人契約機からアコムで5万円キャッシングしてお金を借りるNKさん(男性30歳)。生活費が足りなくなったときアコムでキャッシングします。
知り合いのいない町の無人契約機からアコムで5万円キャッシング




信頼度が高いのでアコムでキャッシングする

キャッシングは借金ということです。
大切なお金を貸し借りするにあたって、やはり知名度の高さは信頼につながります。

三菱UFJフィナンシャル・グループという最大手に所属しているアコムはとても信頼ができます。
無人契約機が多く、さらにクレジットカードとしてマスターカードが使えるという点も良いです。

また、CMがポップで優しげな印象を受けます。
もう時代が違うことは確かなのですが、やはり消費者金融というのはマイナスなイメージが少なからずあります。

そのイメージを少しでも良くした会社がこちらのCMだと思います。
もちろん他会社も様々なCMを作成されていますが、まだ十代の頃にテレビで見た記憶で一番残っているのはアコムのお姉さんでした。

なので、キャッシングしようと思ったとき、こちらを選んだのだと思います。


無人契約機に行くだけで必要なお金が必要なだけ借りられる

キャッシングというのは驚くほどあっさりと給料並かそれ以上のお金が手に入る、まるで給料のボーナスのように感じます。

もちろん、自分のお金だと勘違いせずに、きちんと返済はしないといけませんが。

以前は生活に困ってどうしようもないとき、またはギャンブルでお金がなくなったときなどに使う暗いイメージだったのですが(もちろん現在も少なからずそういう利用方法もありますが)、今はとても明るいイメージがあります。

給料日前に急な出費があったとき、クレジットではなく現金が必要になったとき(最近は電子マネーを使うことが増え、現金をあまり多く持たなくなりました)、デートで多少なりとも自分をかっこよく見せたいとき、そんなときに迅速に無人契約機に行くだけで必要なお金が必要なだけ借りられるキャッシングはとてもスマートで明るく感じます。


キャッシングに踏み切ったきっかけ

当時私は社会人になり二年が経過した頃でした。

ブラック企業に勤め、度重なるサービス残業によって肉体的・精神的に参っていた私は、旧友の甘い言葉に流されるがままネズミ講を始めてしまいました。

そして成功や多くの金が手に入ると、まだ何も手にしていないのに勘違いした私は会社を辞め、ネズミ講を始めました。しかし当然ながら思うように売り上げは上がらず、貯金はすぐになくなり、生活費は全く足りない状況です。

さらに、毎月のノルマ達成のために商材を自ら購入しノルマを達成しなくてはと思い、そこでキャッシングに踏み切りました。あっさりとその日に契約ができ、その日にキャッシングして家賃や光熱費など生活費に充てました。

当然ながらキャッシングのお金は返済しないといけません。
そう思い冷静になったとき、自らの失敗を悟り、きちんと働くためにネズミ講を辞めました。



このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.