> > >

完全なる現金での借用であるキャッシングはしない



お金に困ってもキャッシングをしない理由は、それが借金だからです。
完全なる現金での借用であるキャッシングはしない
商品を手に入れてローンを組むようなものとは違い、完全なる現金での借用は、本当にお金が無いんだなという自覚をせざるを得ません。

キャッシングをする前に、必ず身の回りのもので金目になるもの、売ればお金に換えられそうな財産があれば換金しますが、これは時間がかかりますしなによりも売りに行く(売りに出す)までが大変です。

キャッシングの場合は、わかりやすい現金がすぐに目の前にそろえられてますから、やはり現金が欲しい人にはキャッシングに手を出してしまう人もいると思います。

ですが、現金での借金と考えると本当に心臓の鼓動が早くなります。


友人にお金を借りて関係を悪くしたくない

特に、友人にお金を借りて関係を悪くしたくないために、口座のある銀行からのキャッシングを考えることになります。

どうせ口座があるのだから、お金が入れば(実際にはお金が入るような予定があればキャッシングをする必要もないのですが)自動的に返済できるからそれほど問題でもない、と思ってしまいます。

返済できるはず

キャッシングの限度額も条件によって変動がありますが、キャッシングの金額を考えると2~5万円程度なら返済できる“はず”と思ってしまいがちです。

そこに落とし穴がある、借金が雪だるま式にふくらんでいく根本的な原因なんだという自覚があるので、キャッシングは絶対に避けたいところです。

キャッシングは手軽というイメージがあり、いつでもどこでも誰も借りられるような宣伝をしていた時期もありますし、それが原因で高額の借金になって返済に行き詰ったり、最終的に違法金利のキャッシングに手を出すことになる、という図式が頭に入っていることも理由のひとつです。

よく、テレビ番組で詐欺や違法金利を解決する内容を放送していますが、いずれはそうなってしまうのだなと思っています。

最初は「ほんの3万円程度」がエスカレート

そのようなキャッシング利用者も、最初は「ほんの3万円程度」という気持ちや、「2週間だけ借りる予定」など、すぐに返済するところからエスカレートしているので絶対にキャッシングはしたくありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.