> >

定職に就いてない人はキャッシングできない?



キャッシングをしようと借り入れの申し込みをする時には、キャッシング会社などの借り入れ先は必ずその人に返済能力があるかどうかについての審査を行います。
定職に就いてない人はキャッシングできない?

一定の収入があるかどうか?

キャッシングの審査においては、定職に就いていて一定の収入があるかどうかということが大きな審査のポイントになるのです。

一般的に審査に通りやすいのは、公務員や医師や弁護士や大手企業のサラリーマンなどの世間で信頼性の高い安定した職業に就いている人が、返済能力が高いということで審査に通りやすくなるのです。

したがって定職に就いていない人がキャッシングをする時には、返済能力が低いということで審査に通りにくくなるのです。

定職に就いていない場合でもキャッシングできる

しかし、定職に就いていない場合でも主婦や学生の場合には必ずしもキャッシングすることができないということではありません。

主婦の場合には夫の審査の対象になり、学生の場合には収入がなくても学生専門ローンという商品もあるので、借りられるところは用意されているのです。

しかし定職に就いていない人専用のキャッシングローンという商品はないので、定職に就いていないと大抵は審査で落とされてしまうことになるのです。

しかし、無職ではなく派遣会社やアルバイトをしていて、ある程度安定した収入がある場合には、定職に就いていなくてもキャッシングをすることができるというところはあります。

その場合は、働いているところの確認と収入があることを証明することができれば、借入額は制限されても借り入れを行うことができるケースもあるのです。

しかし、やはりほとんどの会社では定職に就いていないと借り入れは難しいというのが現実なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: キャッシング

Comments are closed.