> >

住宅ローンの金利タイプ



マイホーム住宅ローンの金利タイプには固定金利型、一定期間固定金利型、変動金利型の3つのタイプがあります。ここでは各タイプの特徴をご紹介してみましょう。
住宅ローンの金利タイプ

固定金利型住宅ローン

固定金利型住宅ローンは返済していく間、ずっと一定の金利が続くというものです。

一般的には他のタイプに比べて金利が少々高めとなる傾向がありますが、申し込んでから金利がアップするなどといったリスクがありません。

将来にわたっての返済計画が立てやすく、安心感が高いという点が大きな特徴だと言えるでしょう。

代表的なものとしてはフラット35などが挙げられます。フラット35は固定金利型住宅ローンの中では低金利で、長期間の融資も可能であることから、人気のたいへん高い商品です。

一定期間固定金利型住宅ローン

返済期間中、定められた最初の数年間の金利が固定となる住宅ローン。民間の金融機関で取り扱われている数多くのものが、このタイプになります。

金利が固定されている期間が終了したときに、固定金利にするか変動金利にするかを選ぶことができますので、景気の動向などを見極めながらローンを見直したいという方、返済期間が比較的短期の方に合った住宅ローンだといえるでしょう。


変動金利型住宅ローン

変動金利型住宅ローンはその名のとおり、金利が変動していくタイプの住宅ローンです。

金利の見直しは半年に1度。ただし急激な金利変動によるリスクを抑えるために、最初の5年間は返済額が変わらないという決まりがあります。

契約後に変動していく金利に従って返済額が変わっていくことになりますので、長期にわたる正確な返済計画が立てにくいというデメリットがあるものの、元々低金利に設定されているものが多いため、場合によっては返済額を低く抑えることも可能です。

このように、各金利タイプには違った特徴があり、それぞれにメリットもデメリットもあります。

有利不利はライフスタイルによってもかなり左右されますので、各商品をじっくり検討し、ご自分の返済計画に最も合うものを選ぶようにしてください。


おすすめの住宅ローンは以下です

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 住宅ローン

Comments are closed.