> >

元利均等返済と元金均等返済



住宅ローンや比較的大型の融資となるおまとめローン、一部のおまとめローンなどでよく見かけられる返済方法の中に、「元利均等返済」「元金均等返済」と呼ばれるものがあります。
元利均等返済と元金均等返済

返済方法としては全く異なる

この2つは一見とてもよく似ているので混同しがちですが、返済方法としては全く異なっていますので、商品を選ぶ際にはよく考えて選ぶ必要があります。

元利均等返済

「元利均等返済」とは返済のために支払う金額がずっと一定になる返済方法です。ただし支払う金額は同じでもその中身、元金と利息との割合は月ごとに変化していきます。

つまり、返済の最初の頃は利息分に充てられる割合が非常に大きくなり、しばらく返済を続けていかなければ元金がなかなか減っていきません。

その結果、完済までに時間がかかるとともに返済額自体も増えてしまうというデメリットを生んでしまうことになるのです。

とはいえ、毎月の返済額自体には変化がありませんので、将来にわたっての返済計画は立てやすい方法だといえるでしょう。

元金均等返済

一方で「元金均等返済」は返済分のうちの元金に当たる部分を毎月一定額に保って支払っていく方法です。

元金に充てる額は同じでも、実際にはそれに加えて金利分も返済していかなければなりません。

返済するにつれて支払わなければならない金利分が減っていくため、返済額そのものも変化し、最初に大きく、だんだんと減っていくことになります。

つまり、返済の初期に特に負担が大きいという欠点はありますが、元金が順調に返済されていく分、支払う金利分が元利均等返済より少なくて済むというわけです。

このように、大きな違いがある元利均等返済と元金均等返済。どちらが良いというよりは双方ともに一長一短あると言えるので、自分のライフスタイルや好みに合わせて検討すると良いでしょう。


おすすめの住宅ローンは以下です

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 住宅ローン

Comments are closed.