> >

百五銀行で2700万円の35年住宅ローン(変動金利)を組んだT.Kさん



平成24年6月に頭金を100万円出し、百五銀行で2700万円の35年住宅ローンを組んだT.K(35歳男性)です。金利の種類は変動金利です。全期間基準金利より1.8%割引が適用された為です。対応してもらった窓口の人が丁寧に商品の説明をしてくれ、こちらの話を最も親身になって聞いてくれたから百五銀行を選びました。家を買った理由は子供が2人になり、前のアパートが手狭になってきたからです。賃貸にしなかった理由は「自分の財産になるから」「アパートであれば永遠に家賃が発生する」と考えたからです。
百五銀行で2700万円の35年住宅ローン(変動金利)を組んだT.Kさん


百五銀行で2700万円のローンを組んだ時の心境

銀行で判子を押した時は、正直今までの人生で感じたことのない嫌悪感・焦燥感みたいな感情がじわじわと湧き出てくるのが自分でもわかりました。
もし、今の会社が潰れたらどうしよう? 自分が病気になって会社を首になり、稼ぎを生み出せなくなったらどうしよう?
家族が支払い責任を負わされたら自分の存在意義が無くなるのでは?等、様々なネガティブな考えが、頭の中を一瞬にして駆け巡りました。
どちらかというと今までの人生ではポジティブな考えが勝っていた自分ですので、何故今になってこのような考えが出てきたのか本当に不思議な気分でした。
しかし、持ち家の購入を決めたのは自分一人の自己満足の為ではなく、家族の住まい・生活をより快適にする為であり、子供が伸び伸びとできるのであれば大変意義のある買い物なんじゃないか?と少し時間を置いてから前向きな考えが出てきました。
家族の為であれば、どんなことがあっても働き続けなければならないし、逆に言えば働くモチベーションの一つにもなった気がしました。
だから、今では前よりも仕事をやる意義がより明確になって、結果としてはよかったと思っています。

銀行選びは最終的には人

いろいろな金融機関を訪問しましたが、まず保証金が0というキャッチフレーズに安易に飛びつかないことです。
後で冷静になって総支払額を計算すると、保証金が0の方が高いというケースがよくあるからです。
また、どうせローンを組むなら給与振込をしているとか、クレジットカードの支払い講座がある金融機関と同じところにするというのも一つの手であると思います。
そうすると、土・日・祝日の手数料が無料になったり、他の特典が多くついてくる可能性があるからです。
また、長期間ローンを組む人にとっては繰り上げ返済の手数料についても考慮した方がよいでしょう。
今では、窓口がある銀行でもネットバンキングを使えば手数料無料というところもありますので、これは大きな利点では無いでしょうか。仮に、ネットバンキングの操作方法がわからない場合でも窓口で聞けば
親切に教えてくれると思います。(実際に私がそうでした)
最後に、これだけ大きな借金を背負うわけですから、銀行選びは最終的には人で決めるというのもいいのではないかと思います。自分の納得性が高いですから。
是非、これからローンを組まれる方もわからない点はしっかりクリアにして、自分で納得して最終判断されることを願っております。


おすすめの住宅ローンは以下です

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 住宅ローン

Comments are closed.