> >

近畿大阪銀行で約3200万円の35年住宅ローンを組んだH.Mさん



平成14年10月頃、近畿大阪銀行で約3200万円の35年住宅ローンを組んだH.Mさん(42歳男性)。当初三年は固定、現在は変動金利(最初3年は1.3%で、その後も店頭金利より1%程度のマイナスという利点があったから)。近畿大阪銀行で住宅ローンを組んだ理由はここしか審査が通らなかったからです。
近畿大阪銀行で約3200万円の35年住宅ローンを組んだH.Mさん


賃貸ではなく住宅の購入を選択した理由

賃貸でも分譲でも毎月支払う金額が変わらなかった。分譲のほうが安いくらいだったから。


近畿大阪銀行で約3200万円の借金を背負った時の感想

親戚や友達でも住宅ローンを組んで、マンションを購入している人が多かったので、莫大な借金という思いはまったくありませんでした。

3000万という額を見ると、すごいかもしれませんが、毎月にすると、払えない金額ではなかったし、何よりも、自分たちが納得して住み、払える借金なら、それほど大きな威圧感はなかったと思います。

以前住んでいた家も分譲でローンを組んでいましたが、ゆとり返済という、今となっては、よくわからないシステムのせいでほとんど元金を返せないで、無駄な支払をしていたことを思うと、毎月少しずつではあるけれど、確実に減っていっているし、地域的に人気の場所なので、同じくらいの間取りを借りようとすると、賃貸料の方が、高いのは確実なので、満足しています。

ただ、不景気の為、ボーナスが期待できないので、ボーナス払いができなかったのが残念でした。
それができれば、もう少し毎月楽に返済できたのではないか、と思います。

20年先の姿を何となく想像しながらローンを組む

できるだけ頭金を出せるようにしておくことが望ましいと思います。
近年は頭金0円でも可能ですが、やはり月々の返済額は少ない方がいいし、その分貯蓄したり、繰り上げ返済に回したりするのがいいと思います。

月々の返済額の目安ですが、現在払っている家賃と比べてみて考えると思うのですが、返済額だけを見てしまうと、例えば駐車場や管理費など、他に毎月支払わなくてはいけないものもありますので、それらも合わせての住宅費ととらえないといけません。

また、子供の成長や夫婦の収入のバランス、10年先、20年先の姿を何となく想像しながら、ローンを組んでください。

担当者によっても、借りられる額とか銀行の審査の通りやすさ、通りにくさがあるように思います。

うちは若い男性が担当だったのですが、いちいち上司に相談したり、書類の書き方も慣れていなかったのか、何度も書き直したりしたので、できればベテランのある程度の経験を積まれた担当者に当たる方が
いいと思います。


おすすめの住宅ローンは以下です

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 住宅ローン

Comments are closed.