> >

消費者金融の悪いところ&良いところ



消費者金融の悪いところ&良いところ

消費者金融の悪いところ

他の融資よりも金利が高い

奨学金や住宅ローンなど目的別の融資ではない消費者金融のキャッシングは、金利が高めに設定されていることがほとんどです。

グレーゾーンが廃止されて以降、明確な18%の上限金利が示されるようになりましたが、それでも銀行系のカードローンと比較すると、金利の違いは歴然としています。

「金利を気にするほど大きな額ではないから…」と思っていても、月々の少ない返済額で借り入れ期間が長くなれば、いつの間にか結構なお金を払っているので、返済計画は考えておく必要があります。

お金の借り方としてイメージが良くない

「消費者金融」という文字で、良い印象を持つ人はほとんどいないと思います。現在ではありえませんが、度を超えた厳しい取り立てがあるとか、借り入れしている人が破産しただとか、どうしてもマイナスのイメージが付きまといます。

そのため「お金を借りているのを知られたくない」と思う人も多く、借り入れのある人はどうしても後ろめたく感じるでしょう。

消費者金融の良いところ

気軽にすぐ融資が受けられる

「明日急にお金が必要になった」「給料日までの1週間、なんとか凌ぎたい」、こういった状況のときに、審査期間の短い消費者金融は大いに力になります。

少額の融資なら、所得の証明なども不要で、身分証明書のみで審査を受けられます。また都市部の駅周辺には、ATM設置店舗も多く、そちらを利用すれば30分程度で融資申込が完了します。

借り入れから一定期間までは金利が発生しないサービスなどもあり、すぐに返済できる金額であれば自分の給料を前借りするような感覚で現金を用意できます。

返済もコンビニで可能

借りたお金の返済もずいぶんと気軽にできるようになりました。24時間営業しているコンビニで、24時間ATMで返済可能な会社も多くあります。

また繰り上げ返済もATM操作で出来るため、カードローンの引き落としのように面倒くさいこともありません。

借りやすく、出入金も便利に使える消費者金融からの借り入れは、自分の中でプランをしっかり練れば、有効に利用できるツールになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 消費者金融

Comments are closed.