> >

消費者金融利用のデメリット



消費者金融で融資を受ける際のデメリットとして、まずは金利の高さを挙げることができるでしょう。
消費者金融利用のデメリット
法律の改正によって利息の上限が年20%(元本が10万円未満の場合)にまで下がったことから、以前ほどの高い金利が設定されることはなくなっていますが、それでも銀行からの融資と比べれば消費者金融の金利の方が高いという点は変わりありません。

特に延滞した際の金利は大きな負担にも繋がりますので、注意が必要です。

利便性の高さは時にはデメリットに

また、消費者金融は借入までがスムーズであるという特徴があります。この利便性の高さは消費者金融の最大のメリットではあるのですが、何度も借入を繰り返しているうちに、だんだんと借金をしているという意識が希薄になるというデメリットにも繋がっています。

もちろんその都度きちんと返済ができていれば何ら問題はないわけですが、中には無計画に借りてしまい、金利が積もりに積もって返済できなくなるというケースも見かけられます。

もちろんこれは消費者金融で借りる場合だけに限った話ではありませんが、借入れの際にはくれぐれもきちんとした返済計画のもとに借りるようにしてくださいね。

消費者金融の持つイメージ

この他、消費者金融の持つイメージも、デメリットのひとつだと言えるでしょう。ソフト路線のテレビCMなどから消費者金融のイメージもかなり改善されてきてはいますが、それでも会員カードを持っているのを人に知られるのは気が引けるという方は少なくないのではないでしょうか。

この点は消費者金融側も気を配っていて、電話や郵便などで連絡する際には個人名を使うなどの工夫をしているところがほとんどです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 消費者金融

Comments are closed.