> >

総量規制とは?



2006年(平成18年)に改正された貸金業法により、個人向けの融資が原則として年収の3分の1までに規制されることになりました。これを総量規制と呼んでいます。
総量規制とは
例えば消費者金融でお金を借りようとする場合、年収が300万円の方なら100万円を超えて新たに借入を起こすことはできません。この場合の年収とは、給料その他の収入の全ての合計額を指しています。

総量規制により、全く収入のない無職の方や専業主婦(主夫)などは、事実上消費者金融やクレジットカード会社からひとりで融資を受けることができなくなりました。(融資の申込みには配偶者の同意と同意書、年収を証明する書類が必要となります。)

また、改正貸金業法では1社で50万円、もしくは複数の業者の合計で100万円を超える融資を受ける場合、源泉徴収票などの年収が確認できる書類を提出することが必要となりました。貸金業者側はその書類を受け取り、借り手の年収を正しく把握することが義務付けられています。

総量規制の適用となるのは

なお、総量規制の適用となるのは個人向けの無担保ローンやキャッシングのみ。法人向けのローンや個人向けでも住宅ローンのような担保ローンは総量規制の例外となり、適用されませんのでご安心を。

また、銀行からの融資やクレジットカードのショッピング枠も、現状では総量規制の対象外となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.